シンプルライフ

【一人暮らし】30代ミニマリストのゆるい生活

どうも。
30代ミニマリストのよりこです。

この記事では、ミニマリストのゆるい生活の様子を紹介します。

私の暮らしているお部屋は、1ルーム約7帖。

  • クローゼットなし
  • 一口コンロ
  • ユニットバス
  • 築30年

きれいなお部屋ではないけれど、こじんまりと心地よく生活しています。

設備の整っていない一人暮らしの生活は「不便だなぁ…」と感じることが多いかもしれません。

しかし、ほんの少しミニマリスト思考を取り入れるとストレスフリーで生活できます。

生活のテーマはストレスフリー

私の生活のテーマは「ストレスフリー」です。

自分の性格がようやく受け入れられたのはアラサー時代。

とびっきりストレスを感じやすいタイプなので、ストレスを感じる瞬間を最小限にしたい。

ネガティブな理由ですが、私が生活をする上でとても大切なことです。

生活の軸が決まっていると、何かに迷ったときの道しるべになります。

30代ミニマリスト女性の生活大公開

【ゆるミニマリストの生活】朝の過ごし方

私の朝は、少しゆとりをもってスタートします。
(無理な日もあるw)

やるべきことは少なく
やりたいことを多く

  • 朝ごはんは簡単に
  • お弁当はなるべく夜に
  • 掃除は床掃除だけ

 

やるべきことを簡素化して、朝に好きなことをする時間を取れるようにしています。

 

完全なルーティンではありませんが、

  • 朝ヨガ
  • 編集
  • 記事下書き
  • 英語のリスニング
  • 読書

上記のやりたいことを、ランダムに取り入れています。

朝のバタバタを軽減して、気持ちにゆとりをもって過ごせるように心がけています。

 

▼部屋の様子はこちらの記事で紹介しています

【30代ミニマリスト女性】一人暮らしの部屋を全て公開どうも。 30代ミニマリストのよりこです。 この記事では、ゆるミニマリストである私の部屋を紹介します。 一人暮らし...

 

やるべきことを少なくする方法

食事は1週間に1度の買い出し、献立はざっくり統一しています。

「何を作ろうか」という迷いを減らし、調理に負担のないものを作ります。

【献立を固定化】アラサーミニマリストの食事どうも。 独身アラサーのミニマリスト・よりこです。 私は料理が苦手です。 なぜならめんどくさいから。 けれども健康は気に...

 

お弁当の概念は捨てました。持っていくことに意義がある!

お弁当のハードルは誰にも負けないくらいに下げました。

【アラサー派遣OL】ミニマリストなんでお弁当の概念を捨てましたどうも。 独身アラサーのミニマリスト・よりこです。 今年の目標に「お弁当を作る」があります。 去年も、たま~にお弁...

 

掃除は一人暮らしの狭さを生かして、拭き掃除のみにしています。

毎日する掃除は、ウエットシートで拭くだけです。
掃除機はありません。

 

ユニットバスの掃除はお風呂に入っているときに、すべてを洗い流して終了です。
トイレブラシはありません。

 

ゾッとする人もいるかもしれませんが…
自分がゾッとしない範囲で、固定概念をぶっ飛ばせば、やるべきことはぐっと減ります。

 

モノを少なくするメリットはあります。
やるべきことを少なくするという考え方を取り入れると、生活のしやすさにつながる気がします。

結果的にモノを手放すことになっても、そこに囚われないようにしたいです。

 

【ゆるミニマリストの生活】夜の過ごし方

帰宅後はすぐにお風呂に入ります。
すぐに全てを洗い流したいタイプです。

夜の生活はまだまだ改善が必要ですが、大切にしたいことは一つ。
「夜に悩まない」

 

夜に考えると、たいてい悩みがち…

エンドレス負のループに陥りやすいので、考え事はなるべく避けています。

考え事は朝か、喫茶店など気持ちが健康なときにするよう心掛けています。

 

【ゆるミニマリストの生活】仕事

現在は、派遣社員として働いています。

以前は正社員として働いていましたが、プレッシャーや責任感の重さ、人間関係に疲れ切ってしまいました。

私にとっては派遣社員という働き方は合っているようで、今は淡々と仕事をできるようになりました。

 

そのほかに、ブログやSNSなどで発信もしています。いわゆる副業です。

ずっとこの働き方を続けるかはわかりませんが、今の私には働きやすいです。

やりたいことをやるために辞めたこと

私は正社員を辞めて、ストレスを感じにくい働き方を選びました。

副業する時間を確保するために、テレビを見る時間をなくしました。
現在、我が家にテレビはありません。

情報はネットで収集、娯楽はAmazonプライムを利用しています。

 

【ゆるミニマリストの生活】休日の過ごし方

休日は基本的に、家で過ごすことが多いです。
簡単に言うと、引きこもりです(笑)

引きこもりはネガティブな意味ではなく、心と体を休めることを最優先にしています。
私にとっては心と体を休めるためには、一人の時間が必要でした。

それゆえ、家でゆっくりと過ごす時間が多くなりました。

もちろん家でだけでなく、喫茶店で読書をしたり、銭湯で大きなお風呂浸かったりもします。

引きこもりも外に出ますw

一人の時間を過ごすことで、ホッとできます。
そこで満たされ、誰かと会ったり、遊んだりも楽しむことができます。

自分を大切にする休日を過ごしていきたいですね。

どんな生活を送りたいか?ゴールの設定が心地良さにつながる

ゆるミニマリストの生活を紹介しました。

なんでもない生活です。
しかし、心地よい生活を送れていると思っています。

私の生活は、丁寧な暮らしでも、整った暮らしでもありません。
シンプルライフでも、キラキラもしていません。

ただ、ストレスフリーな生活に近づきたい。

 

全てはストレスフリーを軸に、生活を送っています。

完全にストレスがゼロにすることはできないけれど、入ってくるストレスを少なくし、なるべく溜まらないように…

積もる前に小さくストレスを手放せるように生活しています。

それにあえて名前をつけたとするなら「ミニマルライフかもしれない」という後付けです。

 

自分の心地よい生活のために、選択は繰り返す

つらつらと、30代ミニマリストの生活について語りましたが、これはあくまで今日現在です。

思いが変われば行動が変わります。

生活のゴールが変われば、選択が変わります。
選択し続ける限り、生活は常に変化していきます。

私がミニマリストに感化されて、良かったことの一つは「選択」できるようになった。

 

生活は続くし、選択し続けることを怖がらない。

それを楽しめると理想ですが、そこは焦らず少しづつ歩を進めていきたいです。

ミニマリストのゆるい生活が少しでも参考になれば幸いです。
それではまた(^^♪

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です