ミニマム・エッセイ

ミニマム・エッセイ

正社員を辞めて人生が変わった!未婚アラサー女子のミニマルライフを発信するブログです。

よりこのエセミニマリストブログ

「明日やろうはバカやろう!」すぐ動くコツ10選

この記事をシェアする

f:id:yumidori12:20180218112406j:plain

どうも。
独身アラサーのエセミニマリスト・よりこです。

2018年の抱負に
「明日しよ」と何でも持ち越すのやめる!!

を掲げました。

本当にめんどくさがりの性格で、何でも後回し…永遠に明日の自分に期待してました。結局何もできないままただ日々がすぎていくだけ。今年こそそんな自分とサヨナラします!

めんどくさいことを持ち越すのをやめるということは、つまり「すぐやる!」ということです。
1つ1つのことをすぐやってしまえばいいのです。
まぁそれができてない33年間だったわけですが…

33年間もできないということは自分の力では無理かも…そこで本の力を借りることにしました。

すぐ動くコツ

f:id:yumidori12:20180217210500j:plain

あさださん@le0mo0がオススメしていたので、これは私にぴったりではないか!とすぐに購入しました。

上西聰さんの「すぐ動くコツ」シリーズものみたいです。

見開き1ページで、コツが紹介されているので、活字が苦手な方にも読みやすい本です。
様々な視点ですぐ動くコツが紹介されているので、そうだなと納得できるコツ、これは少し難しいなと感じるコツがありました。


全てのコツを一気に実践するのは無理ですが、適当にページを開いて「今日はこのコツにしよう」と一日ずつ選んで取り入れていくといいかもしれません。

めんどくさがり屋の私がすぐ動くコツを読んで、
・納得したこと
・すぐに取り入れたこと
・目からウロコ

特に印象深かったコツを10個紹介します。

 

すぐ実践できる!すぐ動くコツ10選

 

1.幸運を引き寄せるためにやるべきことをやっておく

f:id:yumidori12:20180218112852j:plain

正直、引き寄せの法則なんて「はいはい」と受け流すタイプでした。ただ、最近共感できる本に、全てと言っていいほど同じことが描いています。


これはもうそうなんだなと、ようやく受け入れました。


ある一部の特別な人だけが幸運に恵まれるのではありません。

日ごろから良い行いを習慣にしていると、結果となってついてくる。何にも行動していない人には何も起こらないということです。

そりゃそうだ!と納得できました。


実際にどんなことをするのかは

・幸運の女神が逃げないうちに動く
・興味がある人にはすぐに会いに行く
・面白いと感じたことはすぐやってみる
・自分の直感を信じてすぐ動く
・楽観的な観測を持って、すぐ動く行動する

 

行動することを続けることがポイントですね。

 

2.積極的に行動すればそれが自信になっていく

f:id:yumidori12:20180218113119j:plain

初めから自信を持てる人はそれほどいません。(たまに根拠のない自信を持てる人もいますが)
結果はどうであれ、とにかく一生懸命やってみることで、自信が生まれるそうです。
その自信をもとに次の行動が起こせ、良い循環が生まれてきます。自信と行動をリンクさせることが重要!

私は人目を気にするタイプで、失敗したらどうしよう…と自信がなくて行動できなかったことが何度もありました。
これはまさに「自信ない→行動しない」負の循環が起きていたのかと納得でした。

 

3.自信を持つと「信頼」を得る

f:id:yumidori12:20180218113318j:plain

「行動する→自信を持つ→信頼獲得」行動することで自信が持て、さらに信頼を得る。
良い循環には周りからの信頼を得ることができるおまけつきです。

もう目からウロコでした。周りの目を気にして行動しないことが、いかに無駄なことかがよくわかります。


私にとっての「周りの目を気にする」ことは「失敗してアイツはダメな奴だ」と思われたくなかった。信頼を失いたくない気持ちが強かったのです。私は人から信頼してもらいたいのに逆のことをしてたのかぁ…

信頼を獲得したい人は、行動して自信をつけることが先決です。

そしたら信頼があとからついてきます。

 

4.「ほめ日記」で自信を持って行動する人になる

f:id:yumidori12:20180218113459j:plain

今まで私のように動けなかった人は、行動することがいかに大切か分かってもすぐには行動できません。
良くない習慣が悲しいかな染みついています。

そんな時の処方箋は、ほめ日記。
行動できない人は自信がない。なぜ自信がないのかは「自分に良いイメージがない」からです。
ほめ日記は、自分に良いイメージをつける特効薬です。

ほめ日記をつけることで、行動できる人に変わっていきましょう。私は定期的にTwitterで「自分えらい!」とつぶやいて、ほめ日記代わりにしています。

 

5.完璧主義はすぐ動けなくなる原因

f:id:yumidori12:20180218113715j:plain

これを読んだ時は胸が痛すぎて、時が止まりました。
完璧主義がすぐ動けなくなる足かせだったとは…

 

長女だからなのか、育った環境なのか、もともと生まれ持ったものなのか完璧主義者の傾向があります。

「~ねばならない」の呪縛が私を取り巻いていました。

仕事にしても、趣味にしても「100%、うまくいく」ことなどほとんどない

この言葉で少し救われました。

100パーセントは無理なんです。自分にとっての100パーセントと他人の思う100パーセントは違います。基準が違うのですから、完璧は求めなくていいんです。

自分のできる限りのことをすればOK

できたときは、できた分だけ自分をほめることで次も行動できます。

完璧主義は断捨離です。

6.楽しむ気持ちを持つと行動できる

f:id:yumidori12:20180218113838j:plain

これは意識改革ですね。
過酷な状況に置かれていても、「ツライ」と考える人と「面白い」と考えられる人。
同じ状況でもどう捉えるかで行動が変わってくるんですよね。

その気持ちが良い行動につながる。また引き寄せの話にもつながるってわけですね。
楽しいは最強!

7.~してはいけないという思い込みを捨てる

f:id:yumidori12:20180218114151j:plain

禁止令は行動を委縮させます。
同じ意味なら
「~してもOK」
「私は~したい」と意識して変換させましょう。

これが定着すると、何でも楽しめるクセがつくとのことです。
肯定的な言葉は行動を変えます。

8.強すぎる義務感を意欲を行動力を奪う

f:id:yumidori12:20180218114352j:plain

これは経験済みでした。役割からくる義務感は大きなストレスとなりやすいです。
役割の与え方は難しいですね。

日常的に「~ねばならない」から解放する時間を持つことが大切です。これは個人的な意見ですが、「~ねばならない状況」を少なくするのも1つの手だと思います。

9.すぐ動くために嫌なことはすぐに忘れる

f:id:yumidori12:20180218114611j:plain

毎日毎日をきっぱりと終了する
確かに失敗もしたし、愚かなこともした
しかし全力を尽くしたのだから、そんなことはできるだけ早く忘れてしまうことが大切だ。それが明日、新しいことを問題なく始めるコツである(意訳)

まさにその通り!
忘れるは偉大!!

 

10.最後心を持って一日一日を大切に生きる

f:id:yumidori12:20180218114912j:plain

「今日を、自分の人生の最後の日であると、考える」

とても大袈裟ですが、この言葉に行動することの意味が集約されてると感じます。


最後の日に自分のやりたくないことはしません。最後だからこそ全力で行動するはずです。

この最後心を持って毎日をすごせば、自分のやりたいことを毎日できているということですよね。

まとめ


やることが山のようにあって、何から手を付けていいかわからない状態になりやすい人ほど「すぐ動くコツ」を実践していくべきです。


まずは、なぜ「すぐ動けない」のかを理解することが大切だと気付きました。

この本を読んで「だから私は行動できなかったのか」と妙に腑に落ちました。

自分の能力が低いわけではなく、ちょっとした意識の持ち方だとわかり心が軽くなりました。

 

すぐ動けなかった原因がわかれば、あとはその原因を取り除けばいいだけです。さらに「すぐ動くコツ」をプラスαしていくことで誰でもすぐ動けるようになれると確信しました。
やり方さえわかれば後は実践あるのみです。

 

行動がテーマの年にとても良い本に巡り合えました。

何でも後回しにするのをやめたい人は、是非読んでみてください。
それではまた(^^♪


にほんブログ村

© 2016 ミニマム・エッセイ