ミニマム・エッセイ

ミニマム・エッセイ

ミニマリストになりたい独身アラサーのブログです。

よりこのエセミニマリストブログ

【ミニマリスト目線】クリスマスプチギフトの選び方

この記事をシェアする

どうも。

独身アラサーのエセミニマリストです。

 

年末が近いですねー。

おほほほほ。

と世間話してますが、

正月の前にやってくるキラキラな日があります。

 

 

そう、クリスマス。

f:id:yumidori12:20161220064651j:plain

歳を重ねる度に、ちょっとソワソワするのは私だけでしょうか。

ソワソワではないなー。ざわつく感じ。

 

元を正せばイエスキリストの誕生日なんだろうけど、

恋人といちゃいちゃする日

と刷り込まれた青春の記憶がなかなか抜けません。

 

今ではどれが主流か、わからん。

ぼっちクリスマス

女子会で華やか。

子どもと家族と暖かく。

恋人といちゃいちゃ。

 

何でもいいけど、どれも当てはまらんから

ざわつくのだろーか。

 

ざわつくけれども嫌いではないクリスマス。

 

クリスマスパーティーとかは久しくしていないけれど

クリスマス付近で合う友達やお世話になった人には

プチギフトを渡しています☺

 

 

お歳暮というと堅苦しいし、

そんな高価なものでもないから

「メリークリスマス」と言えば相手も喜んで受け取ってくれます。

 

予期せぬプレゼントは喜ばれますよ。

ちょっとした気を使わない程度の贈り物がいいですよね。

 

ミニマリスト的プチギフトの選び方を紹介します。

 

●消えもの

●大きすぎないもの

●1000円まで!!(目安)

 

使ったらなくなるもので

かさばらず

高すぎないものを基準に選ぶようにしています。

 

実際に今まで送った中で反応が良かったものをあげていきますね!

 

1.カルディ

f:id:yumidori12:20161220064144p:plain

f:id:yumidori12:20161220064200p:plain

カルディコーヒーファーム 公式オンラインショップ

とりあえず、カルディに行きましょう。

 

女子はカルディが大好きです。

待ち合わせ前とかに駆け込んでも何かしらあります。

今年はこのチョコを買いました。

f:id:yumidori12:20161220064004j:plain

値段は500円くらいでした。

甘いものが苦手な男性には、パスタの素とかもいいですね。

茹でて和えるだけみたいなのも山ほど売っています。

プレゼント包装もしてくれますので

カルディおススメ商品とかの詰め合わせをつくってもいいかも(^^♪

 

 

 

2.茅乃舎 心ばかり

f:id:yumidori12:20161220063942j:plain

久原本家 茅乃舎(かやのや)

 

これは家族がいる相手にピッタリです。

ちょっと高級なお出汁のお試しパック。

 

ティーパックになっていて、簡単に使えます。

私はもったいないので、袋を破って中身を出して使ってます!

 

中でも、野菜だしはメッチャ美味しいです!!

f:id:yumidori12:20161220064025j:plain

自宅でも愛用してます。

コンソメなんですが、無添加ー!

味も優しい。

パスタに入れると味が締まって美味ーーー!

コンソメとおんなじ使い方で何にでも使えちゃう優れものです。

 

私は地方出身なので、遠くに友だちがいるんで

送ったりもしてます。

かさばらないですし、とっても喜んでくれますよ。

 

 

 

 

3.スタバカード

f:id:yumidori12:20161219233306p:plain

 

スターバックス カード|スターバックス コーヒー ジャパン

 

なんで、スタバってみんな好きなんだろう。

高いから頻繁には行かないけど

定期的に行ってる。

 

そこで、スタバカード!

友だちにプレゼントされた時の喜びが忘れられません。

 

そこから、私もプレゼントの候補として入れるようになりました。

 

コーヒーが苦手な方も

スタバカードだったら、紅茶やお菓子も好きなものを選んでもらえるのでいいですよね。

 

商品券よりも気軽な感じがするので、プチギフトとしと選んでいます^_^

 

 

 

さいごに

ミニマリスト的プチギフトの選び方いかがだったでしょうか。

お出汁はクリスマス感が薄いですが、すぐやってくるお正月にお雑煮の出汁にも使えるということで許してくださいwww

気持ちが大事です。気持ちが。

せっかくだったら、贈り物を使い切ってもらいたい!!

贈り物を考える時にミニマリスト的視点も入れてもらえると嬉しいです。

それではまた^_^

 


にほんブログ村

© 2016 ミニマム・エッセイ