ミニマム・エッセイ

ミニマム・エッセイ

正社員を辞めて人生が変わった!未婚アラサー女子のミニマルライフを発信するブログです。

よりこのエセミニマリストブログ

【モノの選び方】ミニマリストが1番に捨てたモノ・買ったモノ

この記事をシェアする

どうも。

独身アラサーのエセミニマリスト・よりこです。

断捨離ブームやミニマリストブームが来て、今やミニマリストは1つの選択として定着してきました。

ミニマリストになろうと断捨離を始める人も多いのではないでしょうか?

しかし

・まず何から捨てたらいいの?
・何を残せばいいの?
・新たに何を買えばいいの?

と分らないことが多いと思います。

 

今日はエセミニマリストの私が、

一番初めに手放したモノ

一番初めに買ったモノ

を紹介します。

 

 

とにかく捨ててもいいけれど…

f:id:yumidori12:20180225195526j:plain

「ミニマリスト=捨てる」のイメージが強いと思うんですが、私は

「ミニマリスト=選ぶ達人」と考えています。

 

捨てる結果は同じでも、過程がとても重要です。

なぜ捨てるのか、その基準を自分の中で見つけることが

本当に必要なモノを見極める力になっていくのではないでしょうか。

 

その過程を見つけないまま、とにかくモノを減らす行為だけをしてもミニマリストにはなれないと私は考えています。

モノを捨てる=スッキリ=気持ちいい

の感覚だけを追い求めると、またモノに囲まれて、とにかく捨てるの永遠のループにハマっていきます。

この循環は、ミニマリズムの循環とは違います。

 

今の自分に合った必要なモノを見極める良い循環が理想です。

 

私がまず初めに捨てたのはイライラ

f:id:yumidori12:20180225193524j:plain

私はめんどくさがり屋です。

ゴミの分別が苦手。できればやりたくないです。

なかでもペットボトルのゴミ捨てはレベル高すぎで苦痛…

透明のフィルムはプラゴミ

キャップはリサイクル

本体は、資源ごみ

1つのペットボトルを捨てるのに工程が多すぎます。(自治体によって違うとは思います)

 

我が家は「水」をたくさん飲みます。

ペットボトルの水を大量に買っていました。

もちろんゴミ捨てはセットでついてきます。

 

忙しい日だとペットボトルのゴミを捨てるだけでイライラしてました。

ゴミ捨ての日を逃すと、居座り続けるペットボトルのゴミが更にイライラを加速させました。

苦痛だったゴミ捨てを手放した

f:id:yumidori12:20180225194319j:plain

 

ゴミ捨てのストレスから解放されて、穏やかな気持ちで過ごしたい。

ここが私の本当の願いです。

 

そこでペットボトルのゴミ捨てを手放す決意をしました。

 

捨てるスタートではなくて、どんな暮らしをしたいか?

ゴールが先に決まっていると手放すモノが鮮明に見えてきます。

ペットボトルのゴミ捨てを手放すことは、ペットボトルの水を買わないということです。

捨てる理由がわかることで、手放した後の生活に意識を移行できます。

 

一番初めに買ったモノは浄水器

f:id:yumidori12:20180225194610j:plain

ペットボトルのゴミ捨てを手放したので、毎日大量に飲む水の確保をしなければなりません。

ペットボトル以外で水を飲む方法を考えました。

一番重要なのは、ゴミ捨てがストレスにならないこと。

 

そこで浄水器の購入を考えました。

一番の理想はビルトインの蛇口から出る水を美味しく飲むことでした。

しかし、我が家は賃貸でシャワー型の蛇口。設置は不可能でした。

 

ウォーターサーバーは大きく場所を取ること、水の入れ替え時のゴミ捨てがストレスになりそうだったので却下しました。

 

ゴミ捨てのストレスを手放すための、新たな買い物だったので、選ぶ基準が明確でした。

基準が明確だと、どんなものが欲しいのかが分かりやすいです。

 

・ゴミ捨てが楽
・賃貸でも可能な浄水器
・置き場所が困らない 

この基準を満たすモノはポット型浄水器でした。

 

クリンスイポット型浄水器が今の私に必要なモノ

f:id:yumidori12:20180225184459j:plain

 ミニマリストになって初めて買ったモノは

「クリンスイCP405」

 

ポット型の浄水器は色々ありますが、

・水の容量
・取っ手フリー
・除去物質
・フィルター交換時期

私の生活にピッタリだったのがクリンスイCP405でした。

フィルターの交換時期が3か月に1回。
つまりゴミ捨ては3か月に1回!ブラボー!!

 

これでイライラから解放されます。

 

容量も1.5ℓがちょうど良い。お料理にもガンガン使えて便利でした。

取っ手がないので、我が家の小さな冷蔵庫にも収まります。

 

デメリットももちろんあります。

水のろ過スピードがブリタよりも遅い。最後までブリタと悩みました。

 

 

最終、取っ手のないシンプルな形、デザインのクリンスイを選びました。

 

生活が劇的に変わった!

f:id:yumidori12:20180225194950j:plain

ポット型の浄水器、クリンスイCP405を購入したら生活が一変しました。

毎日のペットボトルのゴミ捨てがなくなり、ネットでの注文もしなくてOK

たったこれだけのことで、心が穏やかになりました。

 

浄水器フィルターの交換は3か月に1回なので、日々のストレスがフリーに!

お水も美味しいですし、お料理にも気兼ねなく浄水した水を使うようになりました。

 

生活のイライラを取り除くことがこんなに快適になるとは驚きでした。

 

まとめ

f:id:yumidori12:20180108165224j:plain

生活の中の不自由さを捨てることは想像以上のメリットを生みますほんの些細なことですが、生活は続いていくので効果は絶大です。

ミニマリストの視点で、不必要なものを手放すことを続けていけば、暮らしの達人になれるかも!

 

ミニマリストはただ捨てるだけではなく、買うことも重要です。

 

最小限は数にとらわれず、自分に合った素敵なモノと暮らしていきたいですね。

私の初めて捨てたモノ・買ったモノが少しでも参考になれば嬉しいです。

ミニマリストの可能性は無限大!

それではまた(^^♪


にほんブログ村

© 2016 ミニマム・エッセイ