ミニマム・エッセイ

ミニマム・エッセイ

正社員を辞めて人生が変わった!未婚アラサー女子のミニマルライフを発信するブログです。

よりこのエセミニマリストブログ

夜中のアメリカンドッグ

この記事をシェアする

どうも。
独身アラサーのエセミニマリスト・よりこです。


一日8時間睡眠を意識した生活にチャレンジしている。就寝時間と起床時間が一定になって生活リズムが整ってきたと自負している。

 
平日の帰宅後は、掃除・自炊・明日の弁当作り・ブログの下書き・読書。
時間割りと呼べるほどの正確さはないものの、自分ではやりたいことをするために時間を有効に使っているつもりだ。

テレビのつけっぱなしも止め、丁寧な暮らしとやらに近づいている手ごたえを感じる。
しかし、食事中はテレビをつけてもいいという自分ルール適用中。

子どもの頃はテレビを見ながらご飯を食べると叱られたような気がする。

最近読んで共感した本に「逢茶喫茶 逢飯喫飯」のこと書かれていたがそれも気にしないように自分ルールを貫いている最中である。

 

いつものように、ご飯を食べながら、テレビを見ていると”思わずかぶりつきたくなる食べ物は?”というインタビューの特集があった。

思わずかぶりつきたくなる食べ物…食事中にもかかわらず、自分だったら何かな?と考えてしまうほどの食いしん坊である。

ハンバーガーやフライドチキンなど、なるほどという回答が出てきて、にんまりとしていた。

 

少数派の意見としてある一人の若い女性がピックアップされていた。
その女性の回答は「アメリカンドッグ」

 

アメリカンドッグ…久しく食べていない。

 

その女性の「かぶりつきたくなる食べ物はアメリカンドッグ」というプレゼンが素晴らしかった。

「ケチャップどばー、マスタードどばー!最高!!」だんだんアメリカンドッグに惹かれていく私。

アメリカンドッグと言えば、アラサーの私にとっては健康によくない食べ物のイメージしかなく、どんどん遠のいていた食べ物であった。


しかし彼女のアメリカンドッグへの熱意は、私の凝り固まった食への概念を溶かしていった。

極めつけの一言が「棒についたカリカリのところが好き!!」

 

そうだった。

アメリカンドッグの最後の砦、門番のようにしがみついているあのカリカリの部分。

蓋についたプリン。

蓋についたアイス。

一平ちゃん焼きそばのマヨネーズの最後の一滴。

全てが走馬灯のように駆け巡った。

 

アメリカンドッグは加工肉とトランス脂肪酸でできている劣悪な食べ物という概念は吹き飛び、今すぐにアメリカンドッグを食べたい!

アメリカンドッグのカリカリを食べたい!!という気持ちが溢れた。

f:id:yumidori12:20180208203413j:plain

頭の中はアメリカンドッグでいっぱいになった。

だが、私は読書もしたいし、ブログの下書きというやりたいことが待っている。
でもやっぱりアメリカンドッグに心を奪われてしまっている。

こんな思考をぐるぐると繰り返していたら、あっという間に何もせず、22時を過ぎていた。私の就寝時間は23時だ。
こうなったら今日はアメリカンドッグを食べる日だったという決意が固まった。

 

影響を受けやすい、いや素直な私はコンビニにむかった。

セブンイレブンのホットスナックコーナーを見ると、アメリカンドッグがない。アメリカンドッグを食べる日だったと決めたそばから、アメリカンドッグがない。


私はあきらめない。

サンクスに向かった。

しかし、サンクスにもアメリカンドッグはなかった。

 

小峠になりたい。なんて日だ。言えるはずもなくサンクスのファミチキを買った。

家について、完全にアメリカンドッグの口になっていた口にファミチキを突っ込む。うん、ファミチキだ。

ファミチキが色褪せて感じる。

早々にファミチキを食し、歯を磨いて布団に入った。23時を少し過ぎてしまったが、リカバリーできた。布団に入ったはいいがなかなか眠れない。なんだかなぁと思いながらもいつの間にか寝入っていた。


深夜に突然、激痛で目が覚めた。

胃が痛い。胃が痛い。胃が痛い。


今度は小峠になりたいなんて思考もできない程に胃が痛い。
なんとかして胃薬を飲んで、痛みを抑えた。ファミチキの仕業だな。

胃の痛みが和らいでいくとともに、頭の中がぐるぐるとまわった。

コンビニを2軒はしごしたくらいでアメリカンドッグを諦めたから悪かったのか。アメリカンドッグを探し続けた方が良かったのか。
しかし、このままコンビニをめぐっても、夜の22時過ぎにアメリカンドッグがある確率は低いだろう。そうなったら、明日にアメリカンドッグを探しに行けばよかったじゃないか。

なぜファミチキを買ったのか。普通に考えたら夜の22時過ぎに食べたくもないファミチキを買うなんてありえない。

そんなことを考えている内に、また眠りについた。
次の日も胃がキリキリと痛んだ。

 

f:id:yumidori12:20180208203402j:plain

この一連で私が学んだことは、本当に食べたいと思ったものを食べる大切さだ。

夜中に脂っこいものは食べない方がよいではない。惰性で選んだものの美味しさは半減するし、食べれなかったものへの思いは募る。そっちの方がよっぽど体に悪い。
夜中だろうが、体に悪かろうが、コンビニに置いてなかろうが、食べたい思いは貫くということだ。

加工肉もトランス脂肪酸も確かに体には悪いだろうが、食べたいものを我慢する方が毒だ。
マックのポテトも食べたい日は来るし、吉野家の牛丼は旨い。ヤマザキパンのミニスナックゴールドだって最高だ。

丁寧な暮らしの反対側にあるような、食べ物が息を吹き返した。

私はこれからも食べたいものを食べよう。

 

それではまた(^^♪


にほんブログ村

© 2016 ミニマム・エッセイ