ミニマム・エッセイ

ミニマム・エッセイ

ミニマリストになりたい独身アラサーのブログです。

よりこのエセミニマリストブログ

【1日8時間睡眠】すぐに眠れるようにやっていること3つ

この記事をシェアする

どうも。
独身アラサーのエセミニマリスト・よりこです。

2018年は「行動」テーマです。

やりたいことをどんどんやっていきます

www.minimum-minimum.com

やりたいことをやるためには健康が第一!ということで、8時間睡眠を取り入れています。まだ始めて10日間ですが、お昼に眠気に襲われることがなくなりました。

今まで、生活リズムが乱れまくりの生活だったので、いざ8時間寝ようと思っても眠れない日もあります。

明日は早いから、早く寝ようと思った日に限って眠れないって体験ありますよね。

「眠れない!」という日を減らすために心がけていることを3つご紹介します。

 

8時間睡眠って体にいいの?

f:id:yumidori12:20180122214024j:plain

そもそも、8時間睡眠をとれば健康に近づける!と思い込んでいましたが、体にとってはどうなんだろう…

結論から言うと、個人差による!

っていう何とも微妙な答え。

調べてみると、約90分の周期でレム睡眠とノンレム睡眠(聞いたことある!)が繰り返されてます。レム睡眠の時に目が覚めるとスッキリ目が覚める!

レム睡眠とノンレム睡眠のリズムに合わせて目覚ればOK。なのですが自分の睡眠リズムを知ることが難しい。

スッキリ目が覚めることが良い睡眠ならば、90分の倍数で睡眠時間を調節していくと良いようです。

8時間って90の倍数じゃない…??

7時間半睡眠が良い!?ってなりますが、90分の周期の人もいれば80分の周期の人もいるので、自分の周期を知るということが大切。

 

8時間睡眠にこだわらなくてもいい!

f:id:yumidori12:20180122214310j:plain

色々と調べてみましたが、何が正しいかは分かりませんでした(*´▽`*)開き直り

休息をしっかり取ることが一番!と私は解釈しました。

健康のために、生活リズムを整えることにします!

8時間睡眠は厳密に言えば眠れないこともあるので、布団に入ってる時間を8時間にしていきたいです。

 

すぐに眠れるようにやっていること3つ

1.お風呂に入る

f:id:yumidori12:20180122214514j:plain

あたたかいお風呂に、ゆっく~り浸かります。大体1時間くらい。

湯船に使ってるときは、スマホ見てます。(ジップロック神)

この時間が至福の時なのです。体をポカポカに温めます。

 

2.本を読む

f:id:yumidori12:20180122214838j:plain

寝る30分前はスマホをやめて、読書をするようにしました。布団の中で、本を読んでいると不思議と眠くなるおバカな私。

授業中に眠くなる感じを自ら作り出しています。

実際は30分も読めず15分くらい本を読んだら寝ちゃうこともあります。

 

3.おまじないをかける

f:id:yumidori12:20180122215222j:plain

お風呂も入って、スマホも断って、読書もしたのに「なんか眠れない!」って日もあります。そんな時は、自分におまじないをかけます。

 

私にとってのおまじないは「お茶」を飲むこと。

f:id:yumidori12:20180122215846j:plain

f:id:yumidori12:20180122215902j:plain

テアニンってのが眠りをサポートしてくれるらしいです(*´▽`*)

本当に効くの!?

って真実は定かではありませんが、コレで眠れるという安心感を自分に与えます。

睡眠導入剤は何か気が引けますが…(処方されてるときは飲むべき!私も飲んでた)たまには、サプリ系のモノに頼るのも1つの手だと思います。

ちょっとほっこりしたら不思議と眠れるような気がします。

なんでもいいので、コレがあったら眠れるっていうお守りがあると安心します。 

まとめ

睡眠は健康にとって、重要なものです。一日8時間睡眠が誰しもに当てはまらないかもしれませんが、質の良い睡眠が体にとっていいことは間違いありません。

なかなか夜眠れないなぁという方は、ゆっくりと心を落ち着ける時間を作ってみてはいかがでしょうか?

毎日同じリズムを作っていくと、自然と就寝時間も定まってきます。

私がやっていることは、本当に当たり前のことだけ。

当たり前のことをやる大切さ。

みんな知ってる当たり前。それをやることが意外と難しかったりしますよね。

 

ゆっくりと休息の時間をとって、本当に自分のやりたいことに力を注いでいきましょう!

それではまた(^^♪


にほんブログ村

© 2016 ミニマム・エッセイ