minimum-minimum?

ミニマリストになりたい独身アラサーのブログです。

MENU

【ミニマムエッセイ】好きが止まらない

どうも。
独身アラサーのエセミニマリスト・よりこです。

今日は最近、ふと思ったことを綴ります。

 

エセミニマリストとして、服の数を少なくしたり、家のマットをなくしたり、スリッパを撤去したり、化粧品を厳選したり、色々なことをミニマムにしました。

以前に比べて、私の身のまわりは随分とミニマムにすっきりしました。

ミニマムにすることで、物質的にモノが減り、生活にストレスを感じることが少なくなったことはとても心地よいです。

具体的に言うと、忙しくて部屋が激しく荒れても、元々モノの量が少ないので、致命傷になりません。
まぁ、部屋が荒れる時点でわたしのミニマルがいかに緩やかなのかはご理解ください。

とにかく、ミニマムにすることは私の心の平穏を保つために大活躍してくれています。

ミニマリズムとは物質的なモノだけでなく、思考も含まれると言われます。

自分の気持ちもコントロールし、抱かなくて良い感情に思いを馳せないと私は解釈しています。

世間体とか、世間体とか、世間体とか。

会社の飲み会行きたくないけど、断ったらどんな風に思われるかな?

やっぱり行っとこ。行ったら行ったで「この飲み会意味あるん?」と悶々とした時間と感情を抱く。(私の解釈)
この感情に対しては、ミニマム思考で克服できた気でいます。

今は、参加したい気持ちはあるんですが帰ります。とか、用事があるので帰ります。とかサラリと断り、家に帰ったらそのことに関しては全く考えません!考えるのを辞めました。
考えないって難しいですが、意識的に考えないようにするとできるようになりました。
考えないのも技術ですね。


ミニマムな思考も、物質的にモノをミニマムにすることと同じで、本当に自分の大切なことや好きなことに十分に思いを馳せることができるという効能がありました。

最近では、自分の中の「好き」が増えています。とにかく好きなこと、好きな人が増えました。


星野源はもちろん大好き、長谷川さんも竹内涼真も設楽さんも好き。
ブログの読者さんやはてブをつけてくれる人、Twitterで絡んでくれる人、オフ会で会った人、みんな好き。なんだか好きが止まらないんです。
日本が一夫多妻制だったら、私は何人に求婚してるかわからないです。(それは違う)

これはもはや、ミニマムの効能なのか、元々持ってるマキシマリスト体質なのかわかりませんが、劇的な思考の変化に驚いている日々です。
去年の今頃は人間不信すぎて、荒んでたことが嘘のようです。

ミニマリズムの可能性はすごい。ミニマリズムが広がったら少子化問題も解決するのか?!なんてくだらないことを考えてニヤニヤしてます。

最後になりましたが、今日の22時から星野源が出演するコウノドリがあります。みんなでニヤニヤしましょう♡

それではまた(*´∀`)♪


iPhoneから送信