ミニマム・エッセイ

ミニマム・エッセイ

ミニマリストになりたい独身アラサーのブログです。

よりこのエセミニマリストブログ

【もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら】エセミニマリスト・よりこが書いてみた。

この記事をシェアする

どうも。

独身アラサーのエセミニマリスト・よりこです。

 

f:id:yumidori12:20170728195703j:plain

今日はカップ焼そばの話。

カップ焼そばってメッチャかさばりませんか??

 

 

収納するの難すぎる…

 

 

「ペヤング」や「一平ちゃん」ならまだ四角いんで、立てて収納できますが

UFOに限ってはマル!!

円!!


不安定極まりないんですよねーー。
(だったら食べなかったらいいんだけど)
九州出身の私は完全にUFO派!!!!!関係あるのか?!

 

ストックしなければいい話なんですが、

ほら私、エセミニマリストじゃないですかー。

ミニマリストさんたちには不必要なものかもしれませんが、私にとって

UFOは必要最低限なものなんですね。

 

アイラブUFO♡


UFOが家にある時の安心感半端ない!!

と自分に甘々にした結果↓

 

 

f:id:yumidori12:20170728193257j:plain

 食品引き出しがカオスだよ!!

 

これはなんとかしなくてはと

カップ焼きそばの収納方法考えました!!

 

なんでも、きっちりやらないと気が済まないタイプですが、それがストレスのもとだとようやく気付いたので(しかも気が済まないだけで、行動は伴わない)

ゆる~い収納方法です。

 

ストックしないことが1番いいんだけど、

それじゃあUFOのないストレスを感じちゃう。

私の目的はストレスフリーなので、今後もUFOを持ち続けることを選びます。

 

つべこべ言い過ぎましたが結果はこちら↓

f:id:yumidori12:20170728193352j:plain

しゃき~ん!!

 

今回もダイソーの無印激似ケースを採用しました~

f:id:yumidori12:20170728193332j:plain

横幅がUFOの直径とシンデレラフィット!!

ぱっつんぱっつんでなく、取り出しやすい、ちょど良い余白付きです。

 

もともとあった食品ストックも全部戻してみても

f:id:yumidori12:20170728193351j:plain

うん!合格点です!!

 

これで、晴れてインスタント祭りで~す!!

カオスな状態からは脱却できたので良しとします(*´▽`*)

 

 

これでいつでもUFO食べれるぜ!

 

 

 

それではまた(^^♪

 

いかがだったでしょうか?

エセミニマリスト・よりこ版

文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら

 

ちょっと前から話題になってたようですが

昨日ふら~っと立ち寄った本屋で見つけました。

帯の星野源という言葉に釣られて即買い!!

久々の衝動買いということもあり、自分の中でかなりの盛り上がりを見せています。

 

この本を一言で表すとしたら

くだらない

 

星野源に引っ張られ過ぎですが

『くだらないの中に』何かがあります。その中身もくだらないかも…

 

歴史的な文豪と呼ばれた人。太宰治だったり、夏目漱石だったり。

または最近流行りの有名人。又吉直樹だったり、星野源だったり。

ネットでの有名人。イケダハヤトだったり、ヒカキンだったり。

 

そんな人が、カップ焼きそばの作り方を書いたらどんな風に書くか

ということだけが書かれてます。

 

シンプルで無駄がない。

とても良い本です。

 

読めば面白くてニヤニヤします。

すぐに読み終わるし、好きな人のところは何度も繰り返し読んじゃいます。

知らない人もいるけど(恥ずかしながら)この人はこんな文章を書く人なのかと興味を持てます。

出てきた文豪たちの本も読み返したくなります。

 

カップ焼きそばの作り方を書いただけの本

と著者は、はじめに念を押しているけど

「本が好きになる」効果がある。

 

私はそう感じました。

 

更に、この文豪たちのように特徴ある、その人らしい文を書くことって大切だなと。

くせが強い!

って案外重要!

 

枝分かれして思うところはたくさんありますよ!

 

個人的には、夏休みの読書感想文とかに持って来い!!だと。

読書に苦手意識のある子どもにも読みやすいし、

本当に、焼きそばの作り方しか書いてないので、最悪好きな人のところだけ読んで…

 

サラッと、気分よく読みやすいので夏休みや移動の時のお供に。

特にブロガーの方や文章に携わっている人たちは、読んでみる価値ありの一冊です。

 

今度こそ、それではまた(^^♪

 

 

 

 


にほんブログ村

© 2016 ミニマム・エッセイ