minimum-minimum?

ミニマリストになりたい独身アラサーのブログです。

MENU

飲みニケーションにはいくらの価値があるのか!?

仕事の打ち上げという名目で
18時45分から会費3800円の飲み会があった。
終了時間は21時45分。

 

 

時間にして3時間。
更に会費は3800円。

f:id:yumidori12:20161003150024j:plain 

 

以前までは当たり前だった飲みニケーション。


以前の私だったら上司や先輩に誘われたら
速攻のイエスマン

 

 

心の中では気遣うからちょっと嫌やなー。と思うことは
あっても仕事の一環としての意識が高かったので
有無を言わさず、はい行きます!

 

 

昨今の若者の流れで
「いえ、結構です。」
と普通に断ってるのを目の当たりにしたり、
ネットでは、いまや飲みニケーションは必要ないという記事を見て、

私も断りたいなーと思うことが増えてきた。

 

 

でも本当に必要ないとも言い切れないようなー。
かと言って、私自身行きたくないって思うということは
不必要と感じているからだとも思われる。

ちなみに『飲みニケーション』とは
社会で行われている人間同士でのコミュニケーションのひとつ。
居酒屋や飲み屋などといった場に出向き酒を飲むことで、酔った勢いで互いが
慣れ合ったり親密な会話ができるようになるという目的で行われている。

ウィキペディアより

 

ということだ。

 

 

 

 

『酒の力借りて、仕事場ではとりにくいコミュニケーションを深めて

仕事に活かしていこうぜ!!』ってことかな??

 

飲みニケーションの解釈があってると仮説をたてて、

でもやっぱりコミュニケーションという不確かなものやとわかりにくい。

 

エセミニマリストなので、見てスッキリと解るものが好きです。

 

 

 

よくわからんくなってきたので整理していこう。

 

・飲みニケーションで費やした時間は3時間。

・会費は3,800円(交通費含まない)

 

 

よし!

3時間で3800円出せばできることを探してみよう!!

 

そして

飲みニケーションに3時間かけて3800円の価値があるのかどうか

検証してみよう。

 

 

 

 

 

 

まずは

スーパー銭湯!!

岩盤浴付きで温泉も入れて1800円(エセミニマリストが利用するところ)

時間も無制限で入りたい放題。

3時間あればゆっくり入れます。

まだ2000円余ってる。

1000円の定食食べて、ソフトクリーム食べて、飲み物5本は買えるな。

 

優雅すぎるスーパー銭湯での過ごし方だわ

 

 

 

 

 

 

次!!

TSUTAYAで漫画をレンタルする!!

20冊で1600円になるから

47冊借りられる!!!!!

3時間で15冊くらいは読めるかな?

 

いや、待てよ。

やっぱり40冊借りて、

残りの600円でコンビニでジュースとお菓子にしようかな。

 

どっちでもいい

 

f:id:yumidori12:20161003150116j:plain

 

 

 

 

 

次!!!

京都に行く。

いや、やっぱり神戸しようかな。

だからどっちでもいい

 

往復1000円だとして、残り2000円。

お寺見て、お茶する。

優雅だ。

あっでも夜やと、お寺は開いてないな。

 

やっぱり神戸にしよう。

夜景見て、おしゃれなBARで1杯飲む。

大人な過ごし方♡

 

 

 

 

 

 

 

そしてなんといっても

まっすぐ家に帰る!!

3時間まるまる自由な時間。

掃除してもよし、

ブログ書いてもよし、

溜まった録画みてもよし!

800円の弁当買って3000円は貯金。

全額デリバリー頼んでもよし。

優雅だ。

 

 

 

 

 

 

 

3時間で3800円出せばできることを探してみた結果

(エセミニマリスト調べ)

※エセミニマリストの行動範囲には偏りがあります。

 

『割と何でもできる』

 

 

 

 

 

比較対象物は

『飲みニケーションが仕事に活かせるどうか。』

 

 

仕事に活かせるどうかも、不確かなのに

まず飲みニケーションが成立するどうかもわからない。

確率としては非常に分が悪いと言っていい。

 

実体験としては

10人程度の飲みニケーションの場合

隣の人を含め、前の人、斜めの人の計4人とくらいしか

話をすることはできない。

 

ただし話をすることで

確かに日ごろ知らない職場の人のプライベートを垣間見ることはできる。

仕事の話もできる。

ただし、これには注意が必要で

お酒が入ることもあって、ヒートアップすることが多いし、

愚痴になる確率も高い。

その場にいない誰かの悪口になって派閥争いに巻き込まれる可能性もある。

全てエセミニマリストの偏見かもしれないが、このようなイメージは強い。

 

 

裏を返せば

飲みニケーションを利用して

上司と良好な関係を築くことも可能かもしれない。

飲みニケーションを良く思っていない若者が多い中、

積極的に飲みニケーションの場に出向き、

酒の場でのマナーを身につけ、上司との会話の技術を高める。

上司の性格を同僚より深く把握し、

ポイントを稼ぐ。

 

職場で自分がどんなキャラで見られたいのか?

ということを明確にする必要があるかも。

 

 

ということは

自分が飲みニケーションを仕事に利用したいのか?

といってもいいかも。

 

 

 

 

『3時間で3800円出して飲みニケーションを買うのか、

3時間で3800円で割と何でもできる自由を買うのか。』

 

選択するのは自分。

時と場合によって使い分けるのもいい。

 

やはり飲みニケーションにはいくつかのハードルを越えれば

仕事に活かせることは正しい。

 

そもそもエセミニマリストは酒が飲めないので

酒の力を借りずに飲みニケーションしなければいけません。

高い飲みニケーション代やな。

 

ひと昔前に比べると選べることが普通になった

ということだけでも恵まれているのかもしれませんね☺

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村